中川士龍第11代宗家の無外流を弘流するため『士龍』の名をいただき、第13代継承者【岡本義春】により結成された『無外流・士流会』

新着情報・お知らせ

南アルプス支部は甲府市居合道演武大会に参加しました。

☆平成25年2月11日(祝月)、小瀬武道館で開催された

第29回「甲府市居合道演武大会」に参加しました。

☆平成25年2月10日(日)開催の昇段審査で2名が

合格しました。

詳細は南アルプス支部の活動報告をご覧下さい。

2013年2月12日
無外流士龍会恒例の合宿研修が開催されました。

平成24年度の合宿研修が、平成25年2月9日~10日に伊東市の「無限館」にて

開催され、総勢18名の会員が参加し、充実した2日間の日程を体験しました。

これからの稽古に少しでも実践したいと熱心に受講し、意気込んでいました。

・初日の午後は無限館館長の範士八段、山﨑正博先生のご指導を受け

全剣連居合の研修を行いました。オリジナルの準備運動用の「師匠」

と呼ばれる打ち込みタイヤ、先生の理論等、例年、工夫を凝らした内容を

基に貴重なご講義を頂き、実践での指導を受け、「目から鱗」の時間を

体験しました。記憶に残った内容・・・・・

*段位の重要性・・・段位毎に「修」という文字が変化してゆく事

*日本語の語源を考える事・・・・必ず根拠がある。

*前年もおっしゃっていたが、行間を読む事

*体を柔らかくしておく事!・・・特に肩甲骨

・2日目の午前中は、無外流の指導を伊藤会長より受け、続けて

居合の形(5本)の指導を望月副会長より受けました。無外流(古流)を

学ぶ上での心構え、基本の重要性を説かれ、心にずっしりと響きました。

印象に残った言葉を羅列します。

*無外流には33の形がある・・・・これから何万通りの方法(対応)が生まれる。

これを稽古し修業してゆく事

*足幅・・・自然な歩みの幅

*自然な動き・・・・技がついてくる。体を柔らかくする・・・滑らかな動きに繋がる。

*後の先は自分で作る・・・・相手に正対させない。

*稽古時の注意・・・左右交互に行う、全剣連・古流の稽古は前半・後半で分ける

・5時30分からスタートした朝稽古も全員が参加し、寒さの中汗を流し、

快い笑顔が充満していました。恒例といえば矢張り夕食の「金目鯛」と昼食の

「カレーライス」、朝食の「お粥」でした。手作りの味に舌鼓。この料理が食せる為に

又一年頑張ろーーーー!と思った2日間でした。

********** 文責:O ***************

<初日の挨拶:全員元気にスタート>

<山﨑先生と参加者記念撮影>

<山﨑先生による講義>

<師匠と命名された練習用機器>

<講義風景>

<全剣連居合:実技研修>

山﨑先生による実技指導>

<2日目:無外流研修>

<伊藤会長による指導>

<望月副会長による居合の形研修>


<夕食の金目鯛>

<夕食:親睦会風景>

<会員同士の親睦は深夜に及ぶ>

おめでとう情報!国分寺支部の小久保さんが六段に合格されました。

去る平成24年11月27日(土)に江戸川スポーツセンタ-にて開催された、「六段・七段審査会」に

於いて国分寺支部の「小久保重暢さん」が六段に見事合格されました。おめでとうございます.

益々のご活躍をお祈りします。

2013年1月17日
南アルプス支部で「新春稽古会」を開催しました!

南アルプス支部では1月13日に「新春稽古会」を開催しました。

稽古会終了後「新年会」を開催し、会員の親睦をはかりました。

詳細は南アルプス支部にご訪問下さい。

2013年1月16日
南アルプス支部はH25年度「鏡開き」「稽古始め式」に参加しました

南アルプス支部は1月3日に小瀬武道館で開催された山梨県剣道連盟主催の

恒例の「鏡開き」「稽古始め式」に参加しました。

同式は剣道・居合道・杖道・合同で行われる行事で、多くの愛好者が参加

しました。始めに鏡開き稽古を各部に別れて行い、最後に合同の稽古始め式を

行いました。念頭のご挨拶の中で「稽古の重要性」を説かれ、今年の干支の

蛇は脱皮を繰り返すという事が印象に残りました。臨機応変に対応できる

能力も「稽古の」積み重ね・・・・武道の道に歩む者への道標と感じました。

当日は暖かい日差しの中で(外は寒風)年末年始で鈍った体の調整に

余念無く汗をかきました。

<稽古始め式>

<居合道部 開会式>

<居合道部 部長挨拶>

<各段位別に演武>

2013年1月4日
明けましてお目出とうございます。

*平成25年度のスタートです。今年も常に健康で稽古に

臨まれる事を祈念します。

2月9日~10日には士龍会の宿泊研修会が開催されます。

是非ご参加下さい。

2013年1月3日
平成24年度 無外流士龍会 演武会が開催されました。

12月9日に平成24年度の「演武会」が八王子の「一誠館道場」で開催されました。

今回で4回目にあたり参加者は38名でした。

日頃の稽古成果を評価して戴ける良い機会になった1日でした。

各階梯別に、指定された技を5本抜き、階梯毎に「優秀」「優良」の

表彰を受けました。又先生方の模範演武の披露があり、最後に

希望者による演武と「居合の形」の演武で終了しました。

<一誠館道場>

<先生方>

<伊藤会長挨拶>

<天野名誉顧問挨拶>

<3人1組:演武>

<居合形演武>

<終了式>

<島副会長による閉会の挨拶>
2012年12月11日
中川申一先生 33回忌法要墓参会が開催されました。

平成24年11月18日 午前11時から京都市右京区の「妙心寺山内、天珠院」

にて開催されました。

全国から35名の参加があり、無外流士龍会からは9名が参加しました。

(八王子支部=3名 相模原支部=1名 北区支部=2名 国分寺支部=1名

南アルプス支部=2名)

墓参後は妙心寺南総門の近くの「阿じろ」にて精進料理の昼食を戴き、

故人を偲びました。

≪参加者の面々≫

2012年11月22日
平成24年度第2回士龍会研修会を開催しました。

平成24年10月28日、日曜日に青梅市「霞台小学校体育館」で 開催されました。31名の老若男女が終結し、終日熱心に技の 習得に励みました。 前半は「初級」「中級」「上級」に別れ、望月副会長、島副会長、 伊藤会長の指導を受けました。 作法から始まり、それぞれのレベルに合わせた極意を伝授され 常日頃の稽古には無い緊張感と仲間との交流が芽生え、今後の 稽古に意欲が沸きました。

又、昼食時間に認定会が開催され、1名が受審し、無事合格されました。 後半は「打太刀」「仕太刀」にランダムに別れ交互に入れ替えを しながら「形稽古」を行い「理合」「間合」の習得に専念しました。 早朝からご準備頂いた青梅支部の皆様、有難うございました。 稽古風景掲載します。

<青梅支部の綺麗どころによる受付>

<研修内容>

<講師の先生方(会長・副会長)>

<参加者集合>

<初級:望月先生による指導>

<中級:島副会長による指導>

<上級:伊藤会長による指導>

<認定会>

<形の稽古>

2012年11月3日
第47回全国居合道大会が盛大に開催されました。

10月20日(日)静岡県藤枝市の武道館に於いて「第47回全国居合道大会」が

開催されました。士龍会の精鋭が参加されました。

新しい会場で、気持ちよく演武されていました。当日の写真を添付します。

2012年10月24日
Page 10 of 15« First...89101112...Last »